馬刺しの鮮度ってどこでわかるの?焼いても食べれる?

馬刺しの鮮度ってどこでわかるの?焼いても食べれる?

皆さんは、「お肉」と聞いたらまず何を思い浮かべますか?

たいていの人は牛や豚、鳥ですよね。

スーパーなどでもお肉コーナーに行けば、この3種類を取りそろえているのが一般的です。

そんなメジャーどころを抑えて、あえて「馬肉」をチョイスするという方法。

明日じゃあ馬肉料理でも…というように、まあ中々そうはいかない馬肉。

しかも馬刺し!となると、もはやどう調理していいかわからない方がほとんどだと思います。

そうなんです。現在の日本で、全国的に名前は知ってるけど食べたことがないお肉。

そこに「馬肉」が入っています。。

馬肉ってスーパーのお肉コーナーでも売ってないし、高級そうなイメージ。

なにに使ったらおいしい料理になるのかもわからない…。

そんな全国的にはマイナーな「馬肉」。

日本では古くから熊本県、福島県や長野県で食べられてきたお肉でもあるんです。

今や牛や豚にとって代わられましたが、その綺麗な赤身の色から別名「桜肉」との呼ばれ、

牛や豚を食べる習慣がない頃に、馬肉はメジャーな存在でした。

生産過程において、コストパフォーマンスで勝るほかのお肉に取って変わられたりし、

今や郷土料理として発展を遂げ続ける「馬肉」。

馬刺しや馬刺しユッケなどの食べ方、鍋など多岐にわたるレパートリーは、

是非未体験の方は一度食べてみたいところ。

焼肉店でユッケで問題が起き、全国的に「生肉=不安」というイメージがついてしまいましたが、

馬肉の鮮度は「色」を見て判断するのがベスト。

綺麗な赤色、少しピンクがかった色のものが鮮度が良いとされています。

表面に光沢があり、少してりっとしているものが、味も鮮度も◎

逆に赤身が濃く、黒ずんだりし、脂身が黄色がかってくると鮮度が落ちてきたサイン。

こうした馬肉は選ばないほうがいいとされています。

上記のような馬刺しでも食べられる鮮度の馬肉は、焼肉にしてももちろん美味。

お肉はよく焼いて食べる、という教えがなんとなく頭にある人も多いはずですが、

これは寄生虫対策などの面から、予防法として「よく焼いてたべるように」と言われるようになりました。

馬肉はほとんど菌や寄生虫がいないお肉でもあり、サッと焼いて食べると、生とはまた違った味わいがあふれ出ます。

熊本県で創業200年あまりの老舗、「管乃屋」さんでは特上ランクの馬肉しか扱わないこだわりの名店。

安心・安全の生産ラインから生み出される馬肉は、「熊本県の食文化を守る」という強い意志の表れでもあります。

ネット通販にも非常に力を入れており、希少な部位やセット販売などもお勧めです。

菅乃屋の馬刺しユッケって大丈夫?美味しい食べ方を教えて

u