高品質で安心できて格安の浜ゆで毛ガニのお取り寄せは「北海道地場の味」が人気?

高品質で安心できて格安の浜ゆで毛ガニのお取り寄せは「北海道地場の味」が人気?

皆さん一度はカニを食べたことがあると思います。

「なんのカニが好き?」っていうほど、

色んな種類のカニを食べたことがある人は限られると思うので、

無難に「ズワイガニ」や「タラバガニ」とか答える方が多いともいます。確かにこのカニ、おいしいですもんね。

カニといえば大きくて太い足!そして甲羅!圧倒的な身入り!と、コストパフォーマンスが高いカニが、

=良いカニっていう認識は共通であるかと思います。

魚屋さんやスーパーでも、「●個で●円!おいしいよー」などと安さとおいしさをうたっているお店が多く、

その内、どういうところで獲れたカニでどういうランクなのか?っていうところまでは気にしなかったりします。

そうなんです。カニって高級品だから、「カニ」ってだけでありがたい存在なんですよね。

食べられたらもう「おいしいカニ!」って思っちゃうから、実はあんまり鮮度が良くないカニでも、

カニ鍋とかで食べちゃうとわかんなかったりするんです。

あんまり日本全体が裕福、って感じではないから、少しでも安く買いたいのは山々。

でもそもそもカニの知識もなければ、本当に良いものをどこで買ったらいいかわからない。

そんな方はぜひ、「北海道地場の味」さんのお取り寄せネットショッピングを利用してみてください。

「北海道地場の味」さんは、北海道産の海産物を卸業者の目線から、本当に良いものだけを選りすぐって販売しているお店。

卸業者でもあるからできる値段、そして目利きの数々は、食通もうならせること間違いなし。
「高品質で安心できて格安の浜ゆで毛ガニのお取り寄せは「北海道地場の味」が人気?」の続きを読む…

天然蝦夷 あわびの通販は、卸直販「北海道地場の味」がベスト?

天然蝦夷 あわびの通販は、卸直販「北海道地場の味」がベスト?

天然ものの海産物って、海岸部に住む方以外にとっては、かなり希少価値が高いもの。

高級料亭やお寿司屋さんなどで並ぶ、数々の海産物を楽しむのもいいけれど、

やっぱり一番おいしいものっていうのは、新鮮なものを獲れたてで食べることではないでしょうか?

内陸に住む人たちにとって、海産物を獲れたてで食べることが、もはやご馳走!

それだけで希少価値がとっても高いものなんです。海の幸って、新鮮だと本当に味が違いますよね。

昔は冷凍・冷蔵技術がなかったため、こうした恩恵を得られるのは海岸部の方たちだけでした。

なのでこうした海産物を、新鮮なまま都会で目にしたり、食したりすることがそれだけで希少価値が高いことだったんですね。

今はスーパーやお魚屋さんで、新鮮なものをそのまま購入できる時代になりました。

こうした時間や距離などのボーダーレス化は、次第に同業他社の商品などとの熾烈な競争をももたらしました。

「安ければ安いほどいい」と、買う側に立った目線で商売をする生産者が減り、

本当に良いものを提供してくれる生産者はほんの一握りになってしまったのです。

高級食材と呼ばれるものも、年々減り続ける漁獲量や生産者減少の波に飲まれ、だんだん減りつつあります。

私たちの暮らしも、必ずしも「良くなった」といえない状況です。

そんな海産物を扱うお店の中、「本当に良いものを、卸業者の目線から。」といコンセプトのもと、

「北海道地場の味」さんは営業されています。
「天然蝦夷 あわびの通販は、卸直販「北海道地場の味」がベスト?」の続きを読む…

北海道地場の味の目録ギフトの中身は何?

北海道地場の味の目録ギフトの中身は何?

カニといえば、ズワイガニやタラバガニ。太い足のむき身にかぶりつくと…

まーー!幸せ!芳醇で甘く、繊維質のむき身が口いっぱいに広がります。

茹でたまま、調理してから、またはほかの料理に使ったり。

カニ料理のレパートリーはとっても幅広く、万人に楽しんでいただけます。

そんなカニですから、プレゼントや贈答用にもおススメ。

でもカニを送る時、何が良いんだろう?って考えがち。自分で選ぶとなると、

それ相応の知識も必要になってきますよね。

「北海道地場の味」さんのネットショッピングで購入すれば、詳しい説明などを見ながら、

安心して購入することができます。

「北海道地場の味」さんでは、「目録ギフト」という商品があります。
「北海道地場の味の目録ギフトの中身は何?」の続きを読む…

「北海道地場の味」の毛ガニは、他の毛ガニと何が違うの?

「北海道地場の味」の毛ガニは、他の毛ガニと何が違うの?

ゆでカニ、カニ鍋、焼きカニ、カニクリームコロッケ、カニチャーハン、カニ玉。

「カニ」の料理のレパートリーって本当に幅広いです。

そのまま茹でて食べても、料理して食べても、とにかくどんな風に食べてもうまい!

カニのもつポテンシャルって底知れないものだなってつくづく思います。

カニはご馳走っていうイメージが強いもので、どんな料理にしても「高そう」ってイメージが付きものです。

お腹いっぱいカニを食べたことがある人以外、カニってほどほどの量を味わって食べるから、

カニの高級なイメージがどんどん高まるんだと個人的に思います。

そう、このご馳走のイメージが強いカニ。皆さんはどんな時にカニを食べることが多いでしょう?

一番はやっぱり年末年始。スーパーや魚屋さんでは、年末年始の大売り出しの時、必ず「●●産のカニ」という触れ込みで、

カニを売り出します。そしてそれを多くの人が買い求めたりする光景、実際に見たことある方も多いんじゃないでしょうか。

タラバガニやズワイガニのあの芳醇で、濃厚な味。そしてカニ味噌の独特のうまみ!

カニが嫌いって人じゃない限り、味を想像するだけでヨダレが出ちゃいそうですね。

そんなカニの中でも、「毛ガニ」を選ぶ方はまさに通。ちょっと人とは違うけれど、自分だけが良さを知ってる!

というような、通好みのカニといってもいい毛ガニ。

タラバガニやズワイガニと違って、ちょっとマイナーなイメージがあるかもしれませんが、

「北海道地場の味」の毛ガニは、特に一般的なカニと一線を引く、品質も味も最高ランクのものなんです。
「「北海道地場の味」の毛ガニは、他の毛ガニと何が違うの?」の続きを読む…