馬刺しの鮮度ってどこでわかるの?焼いても食べれる?

馬刺しの鮮度ってどこでわかるの?焼いても食べれる?

皆さんは、「お肉」と聞いたらまず何を思い浮かべますか?

たいていの人は牛や豚、鳥ですよね。

スーパーなどでもお肉コーナーに行けば、この3種類を取りそろえているのが一般的です。

そんなメジャーどころを抑えて、あえて「馬肉」をチョイスするという方法。

明日じゃあ馬肉料理でも…というように、まあ中々そうはいかない馬肉。

しかも馬刺し!となると、もはやどう調理していいかわからない方がほとんどだと思います。

そうなんです。現在の日本で、全国的に名前は知ってるけど食べたことがないお肉。

そこに「馬肉」が入っています。。

馬肉ってスーパーのお肉コーナーでも売ってないし、高級そうなイメージ。

なにに使ったらおいしい料理になるのかもわからない…。

そんな全国的にはマイナーな「馬肉」。

日本では古くから熊本県、福島県や長野県で食べられてきたお肉でもあるんです。
「馬刺しの鮮度ってどこでわかるの?焼いても食べれる?」の続きを読む…

馬刺しで有名な菅乃屋のネット通販って訳ありや格安商品もある?

馬刺しで有名な菅乃屋のネット通販って訳ありや格安商品もある?

馬刺し!というと高級そうなイメージ、という感じな食材と料理。

馬肉は別名、「桜肉」ともいわれ、様々な語源があります。

東日本や西日本の一部では、今でもよく食べられる食材ではありますが、

そのほかの地域だとまだまだ「高級」「見たことがない!」なんて方も多いはず。

そんな馬肉は、実は日本で古くから食べられている食材でもあるんです。
「馬刺しで有名な菅乃屋のネット通販って訳ありや格安商品もある?」の続きを読む…

馬刺しのフタエゴってどこの部位?美味しいの?

馬刺しのフタエゴってどこの部位?美味しいの?

「馬刺し・馬肉」って言われるとどんなイメージを想像しますか?

今の若い方においては、食べたことがなくてどんな味かもわからない!

もっと小さいお子様は、食べちゃうなんてかわいそう。

そんなイメージがあるようです。

そんな馬肉、一般的には「高級食材」のくくりで扱われる高級食材なイメージ。

それもそのはず。

馬刺しや馬肉は、私たちが日常的に食べているお肉である、

牛や豚、鳥などと違って毎日の食卓に上がる頻度は格段に少ないですよね。

お肉屋さんやスーパーに行っても、売ってることは極まれ。

馬刺しや馬肉の専門店で買うのが一般的のようです。

そんな馬刺しですが、牛や豚肉と比べて「低カロリー」「高タンパク」なのがポイント。

タンパク質は2倍以上で、脂肪分は牛肉の5分の一、カロリーはなんと半分!

こんなに栄養価が高い馬肉、「馬刺し」として食べるのがとてもおいしいといわれています。

馬肉にも肩ロースやモモ、バラ肉など種類があるってご存知でした?

牛肉のようにみんな大好き、食欲がそそられる霜降りになったお肉は、

とってもおいしく高級です。

そんな高級な部位は、ほかにもあります。

有名なのが「タテガミ」。

馬肉特有の希少部位で、ちょうど馬の首の後ろの部分。

コラーゲンがとっても豊富で脂肪とゼラチン質からなる真っ白なお肉は、

お刺身で食べるのがお勧め。

そんな馬肉の中でも、特に美味しいといわれる「フタエゴ」。
「馬刺しのフタエゴってどこの部位?美味しいの?」の続きを読む…

熊本の馬刺しをお取り寄せしたい!方法を教えて

熊本の馬刺しをお取り寄せしたい!方法を教えて

「馬刺し」のイメージというと、「高級そうなイメージ」、

「あまり食べたことがない」なんて方が東日本・西日本の方には多いように感じます。

特に今の20~30代の方は、口にすらしたことがない!なんてことも。

馬刺しや馬肉料理が毎日食卓に上るという一般家庭は珍しいと思うので、

やはりあまり目にしたりする機会が少ないことが、馬刺しの高級そうなイメージに

拍車をかけているものだと思われます。

九州・熊本県では、馬肉を生で食べる習慣が最も強い県で、

まさに馬刺しは県内ではとてもメジャーな存在。

馬の名産地としても知られる熊本県だからこそ、馬肉の食文化も発達したと考えられています。

熊本県、福島県、青森県などで馬肉生産が盛んにおこなわれています。

そんな馬刺し、口にしたことがない!という方は、是非一度食べてみることをお勧めします。
「熊本の馬刺しをお取り寄せしたい!方法を教えて」の続きを読む…

お正月に馬刺しも食べたい!ネット通販で安くお得に買うコツ

お正月に馬刺しも食べたい!ネット通販で安くお得に買うコツ

親戚一同が集まったり、近しい人たちが集う年末年始。

特にお正月はお節料理をはじめ、日本の食文化の凝縮!

といっていいほどのご馳走が所狭しと並びます。

そこにお餅や鍋、お寿司にステーキにすき焼き?!なんて和洋折衷、

古今東西のいいところをギュッと凝縮した文化が、今の日本らしさだと感じます。

おめでたい日のごちそうですから、高級食材が沢山並んで、

ワイワイガヤガヤと楽しむ光景。

なんだか想像しただけで涎が出てきてしまいそうですね…。

そんなご馳走、しかも滅多に食べられないものを買うとしたら?

今年のお正月は、「馬刺し」をチョイスしてみるのはいかがでしょうか。
「お正月に馬刺しも食べたい!ネット通販で安くお得に買うコツ」の続きを読む…