北海道産のカニが美味しい季節はやっぱり冬?

北海道産のカニが美味しい季節はやっぱり冬?

秋が訪れて、気温がどんどん寒くなっていく冬の始まり。

寒くなると暖かい食べ物が恋しくなる時期でもあります。

冬の定番料理というとシチュー、肉まん、鍋などすべて暖かいものばかりですよね。

では冬のご馳走といったら?皆さん何を思い浮かべるでしょうか。

間違いなく「カニ!」なんて答えが出てくると思います。

確かに年末年始、魚屋さんでは蟹を売り出していたり、お取り寄せグルメでも、

蟹の出荷量が高くなったり。

「冬=蟹」っていうイメージが私たちの中で非常に高いように思われます。

ですが、お魚屋さんでは蟹が並んでるし、食べようと思えば年中食べられますよね。

冷凍物だから?旬が冬ではないから?

そんな疑問にお答えします。

まずは蟹の王様「タラバガニ」。太い足と大きい体は、まさに食べごたえ十分。

やっぱり食べるなら北海道産タラバガニ!そんなタラバガニですが、なんと北海道の漁期は1月〜5月です。

旬も漁獲地によって異なりますが、上記のように北海道では冬から春にかけて。

また、オホーツク海やアラスカなどではその少し前からとなります。

次に蟹の女王とも呼ばれる、甘く繊維質が特徴の「ズワイガニ」。

冬に鍋や蟹しゃぶで食べたことがある!って方も多いのではないでしょうか。

ズワイガニの漁期は新潟県以北の海域で10月1日〜翌年5月31日まで。

富山県以西の海域では雌が11月6日〜翌年1月10日、雄が11月6日〜翌年3月20日となっています。

日本海近郊でとれるズワイガニの旬は11月〜1月の寒い時期なのがわかりますね。

逆に北海道やオホーツク海でとれるズワイガニの旬は、なんと春なんです。

北海道産というブランドがついたズワイガニを食べたい!となれば、春先の3月くらいがベストということになります。
zuwaiganimhamakaidou

では毛ガニはどうでしょうか?

実は毛ガニの旬は冬でけではなく、一年中水揚げされています。

春はオホーツク海、夏は噴火(内浦)湾、秋は釧路および根室沿岸、冬は日高沖と十勝沿岸、

岩手では12月〜3月が水揚げが多いようです。

北海道産の毛ガニを食べるなら、冬期がお勧めです。

また、初冬から年末には、寒さから身を守るために毛ガニも脂乗りが良くなり、

好まれる傾向にあるようです。

高級カニでも名高い「花咲ガニ」は、釧路では3月15から7月31日、根室では7月から9月が漁期とされています。

根室沖など決まった場所でしかとれないことや、漁獲量の減少により、花咲ガニは年々価格が高騰しているようです。

北海道産の花咲ガニを食べるには、夏から秋にかけてがベストということになります。

◆美味しくて価格も良心的で新鮮なカニの通販サイトを探している方は、浜海道をどうぞ。
浜海道のカニのお取り寄せ口コミ!どのカニが美味しい?

カニの種類も豊富なので花咲ガニもありますし、その他のいつものカニもいろいろです。

その他の海産物(うになど)もありますしお得に購入できますよ。

公式サイト↓
カニの浜海道

us