北海道産のカニを天ぷらで食べたい!どの蟹が良い?

北海道産のカニを天ぷらで食べたい!どの蟹が良い?

ご馳走といえばカニ!カニといえば鍋!

年末年始に大勢鍋を囲んで、わいわいと鍋をつつく光景。

こんなに幸せな光景が、あるでしょうか?

鍋のほか、かにしゃぶや茹でガニとしても美味しい食べ方があるカニは、

高級食材としてどの種類のカニも重宝されています。

蟹の食べ方として、上記にも書いた通り鍋や、茹でて食べるのが一般的です。

ですが、こんな美味しいカニだったら他にも美味しい食べ方があるはず。

じゃあ何がいいかな?と思って思い浮かべるのは、まず中華料理。

カニ玉やカニチャーハンなど、炒めたりする料理も有名です。

カニを使った料理はどれも美味しくて、カニの食べ方を探する方は日々研究されていると思いますが…。

「カニの天ぷら」って、食べたことはありますか?

カニのむき身ポーションやハサミを、高温の油でカラッと揚げる。

その天ぷらを塩や天つゆでいただく…。新しい食の新境地が開けるかもしれません。

カニも中々種類があるので、天ぷらにして食べるのにはどんなカニがいいのでしょう?

まずはカニの王様「タラバガニ」。
tarabaganihamakaidou

大きくて太い足。しっかりとした繊維質と食べごたえ。プリッとした食感。

どれをとっても、まさに「カニの王様」に相応しい貫禄!

そんなタラバガニは勿論、天ぷらにしても大変美味しく召し上がれます。

茹でガニやかにしゃぶでは決して味わえない、衣の奥に隠された甘みやうまみなどは、

食べたことがないと言い表せない、幸せな時間を過ごせます。

高温でカラッと揚げるのがポイントで、短時間で揚げるのがポイントのようです。

次に「ズワイガニ」。

別名「松葉ガニ」などと呼ばれるこのカニは、タラバガニが王様ならズワイガニは、女王。

繊細な身と上品な味わい。口の中で広がる食感は、ズワイガニにしか出せない味です。

ズワイガニの天ぷらは、まさに贅沢な料理といってもいい、至高の一品。

熱を通すことで衣と甘い身を贅沢にほおばるのは、本当に美味しい食べ方といえます。

タラバガニと比べてむき身ポーションの太さが細いので、食べやすいところもポイントですね。

毛ガニの天ぷらは、蟹特融の渋みなどがなく、まろやかな口当たり。

むき身ポーション自体で売っていることが少なく、カニ丸ごと売られていることが多いので、

天ぷらにするには少し加工する必要があります。

毛ガニは主にかにみそも美味しい部位と言われているので、天ぷらは食べごたえの面からも、

あまり向かないのかもしれません。

このように、食べごたえや味などから見ると、タラバガニやズワイガニの天ぷらがいいようですね。

どちらも浜海道でお得に購入できると人気です。
浜海道のカニのお取り寄せ口コミ!どのカニが美味しい?

us