馬刺しのフタエゴってどこの部位?美味しいの?

馬刺しのフタエゴってどこの部位?美味しいの?

「馬刺し・馬肉」って言われるとどんなイメージを想像しますか?

今の若い方においては、食べたことがなくてどんな味かもわからない!

もっと小さいお子様は、食べちゃうなんてかわいそう。

そんなイメージがあるようです。

そんな馬肉、一般的には「高級食材」のくくりで扱われる高級食材なイメージ。

それもそのはず。

馬刺しや馬肉は、私たちが日常的に食べているお肉である、

牛や豚、鳥などと違って毎日の食卓に上がる頻度は格段に少ないですよね。

お肉屋さんやスーパーに行っても、売ってることは極まれ。

馬刺しや馬肉の専門店で買うのが一般的のようです。

そんな馬刺しですが、牛や豚肉と比べて「低カロリー」「高タンパク」なのがポイント。

タンパク質は2倍以上で、脂肪分は牛肉の5分の一、カロリーはなんと半分!

こんなに栄養価が高い馬肉、「馬刺し」として食べるのがとてもおいしいといわれています。

馬肉にも肩ロースやモモ、バラ肉など種類があるってご存知でした?

牛肉のようにみんな大好き、食欲がそそられる霜降りになったお肉は、

とってもおいしく高級です。

そんな高級な部位は、ほかにもあります。

有名なのが「タテガミ」。

馬肉特有の希少部位で、ちょうど馬の首の後ろの部分。

コラーゲンがとっても豊富で脂肪とゼラチン質からなる真っ白なお肉は、

お刺身で食べるのがお勧め。

そんな馬肉の中でも、特に美味しいといわれる「フタエゴ」。
「馬刺しのフタエゴってどこの部位?美味しいの?」の続きを読む…